社員教育を外部委託する場合のデメリット

従業員の成長ぶりを把握しにくいことがある

社員教育を外部委託する場合には、研修の企画や実施をする手間が省けるものの、経営陣やそれぞれの職場の管理職が従業員の成長ぶりを把握しにくいといった問題があります。特に、高度な知識や技術が求められる職種については、一人ひとりの従業員が外部の講師の教え方を受け入れるまでに時間が掛かることも少なくありません。また、外部の講師による研修の内容は、必ずしも日々の業務に関係することばかりではないため、従業員が研修の途中で飽きてしまうという問題もあります。そこで、社員教育の外部委託の必要性についてしっかりと判断するために、定期的に自社内の従業員に仕事上の悩みについて聞き取りを行ったり、外部の研修会社の担当者と相談をしたりすることが大切です。

研修コストが高額になるケースもある

社員教育の外注化を積極的に行っている民間企業は少なくありませんが、研修のテーマや講師の経歴などによって高額なコストが発生するケースも珍しくありません。また、社員教育の外部委託の経験が少ない企業にとっては、優良な研修会社を見極めるまでに時間が掛かりやすいというデメリットもあります。そこで、予算の範囲内で社員教育の外部委託を検討するうえで、複数の研修会社の得意分野や料金システムをしっかりと比較することが大事です。なお、座学やグループワークなど色々な研修のスタイルを得意とする大手の研修会社の中には、新規の顧客を対象に、良心的な料金で対応をしているところも少なくありません。そのため、早い時期に多くの企業から支持されている研修会社に見積もりを出してもらうと良いでしょう。