社員教育を外部委託する場合のメリット

人事や労務担当社員の負担が減る

社員教育は、人材を成長させて定着させるために欠かせないものです。多くの企業では、人事や労務担当者が社員教育を担っています。ですが、担当者には、他にも勤怠管理や人材採用など多様な業務があります。 社員教育のための業務は企画を考えて、日程や講師の調整をする等煩雑なものです。社員教育に集中することで、他の業務に支障が出ることにもなりかねません。そこで、社員教育に関しては専門の業者に外部委託することで、負担をかなり軽減させることができます。依頼さえしておけば、日程調整から講師の選定、アフターフォローまでしてくれるところもあります。そのような専門業者を選べば、人事や労務担当者はほとんど手を煩わされることがありません。本来の業務に専念することができ、非常に効率的です。

専門的な講師の確保が可能になる

自社で社員教育を行なう場合は、講師を社内から選ぶことになります。優秀な社員の話を聞くのは良い機会かもしれませんが、優秀な社員が教えることや人前で話すことが得意とは限りません。万一研修がうまくいかなかったら、講師を担ってくれた社員の面目まで潰すことになりかねません。また、外部から講師を呼ぶにしてもテーマにあった講師が見つからなかったり、予算面で折り合いがつかなかったりするなど手間がかかることがほとんどです。
その点、社員教育を専門に行う業者では、専門的で経験豊富な講師を派遣することが可能です。また、企業を第三者目線から見ることができるので、その会社の本当の課題や必要なことに応じた講師を選定することができます。そのため、より高度な社員教育を行うことが可能になるでしょう。