社員教育を外部委託する場合のポイント

研修会社を通じて社員教育を行う際に確認しておきたいこと

社員教育を外部委託する場合には、様々なジャンルで活躍している経験が豊富な講師を見つけることが大切です。特に、ビジネスマナーやIT、語学などの実用性の高いジャンルの講師については、多くの企業から依頼があるため、早めに打ち合わせをすると良いでしょう。最近では、プロの講師陣が在籍している研修会社も登場しており、予算や研修のテーマに応じて、社員教育のプログラムを組んでもらうことも可能です。なお、研修会社によって得意とする社員教育のジャンルが大きく異なるため、企業向けのパンフレットなどを参考にして、ニーズに合うところを探してみましょう。その他、メディアで話題の講師を研修会社に仲介してもらう場合には、高額な費用が掛かることもあり、余裕を持って見積もりを出してもらうことが肝心です。

社員教育の外注費用を比較しよう

社員教育を効果的に行うために外部委託を検討する企業の数は全国に多くありますが、少しでも費用を安く抑えるうえで、良心的な研修の料金が設定されている業者を探すことがおすすめです。例えば、事業開始から間もない業者の中には、新規の顧客を対象に社員教育の教材作成や講師の派遣、コンサルティングなどの一連のサービスをリーズナブルに提供しているところが少なくありません。また、新人研修や管理職研修など様々な種類の社員教育を導入したい場合には、様々な業界の知識や経験を持つスタッフが揃っている業者にお世話になると良いでしょう。その他、大人数の従業員を対象に社員教育を実施するにあたって、一人あたりの教育コストをしっかりと計算することが大事です。