社員教育を内製する場合のポイント

社員教育が必要な理由

新卒の社会人は真っ白なキャンパスに例えられることがあります。大卒の場合でも年齢的には十分に大人であってもビジネスの社会ではまだ子供と同じだからです。大卒でさえそうなのですが、高卒の場合はなおさらということになります。学生と社会人の一番の違いは「自分だけの気持ちで行動するかどうか」です。学生の間は周りや取引先がどう思うと自分の好きなように振る舞ったり行動をしても問題はありません。しかし、ビジネスの社会では常に周りとのコミュニケーションが求められます。そうした感覚を身につけさせるのが社員教育の目的です。 そして、社員教育には社会人全般に当てはまる内容とそれぞれの企業だけにあてはまる内容があります。企業にとって大切なことは社内教育を行う範囲をどこまでに線引きをするかです。これは社員教育に要する費用に関係してきますので重要です。

社内教育と外注の分け方

どのような業務であろうとも外部の企業に依頼するのと社内で行うのでは費用の金額が異なります。もちろん外注をしたほうが費用がかさばりますが、時間や作業の節約にはなります。つまり、時間と作業を外注費で購入していることになりますが、どちらを選ぶかは社内で行うときとの比較で選択することになります。社内教育でもそれは当てはまります。 例えば、ビジネスマンとしての基本的な振る舞い、例えば上司への連絡の仕方や電話での話し方、名刺の渡し方などいわゆるビジネスマナーといったものはどこの会社でも共通していますので外注したほうが安上がりになる可能性があります。 しかし、社員教育を内製するのか外注するのかは費用だけが判断基準ではありません。各会社ごとに社内だけに必要な知識や仕事の進め方というものがあります。そうした内容は内製で行ったほうが的確に効率的な教育ができます。