社員教育は、社員一人ひとりの技術や知識を磨き高めることで生産性を上げ、会社全体をより強くしていくことが目的です。社員教育は社内で企画・実施する場合もあれば、外部に委託する形も考えられますが、どちらを選ぶべきなのでしょうか。ここではそれぞれの方式について、特徴と検討すべき注意点をお伝えします。

社員教育は必要な段階で社員を育てる大切な教育です

社員教育は、自社の仕事の遂行に必要な知識や、社員としての心構えと振る舞い等を身につける為に必要な教育です。入社時の集合研修だけでなく、職種別と部署別や職位別など様々なタイミングと実施方法があります。

社員教育を外部委託する場合

社員教育を受ける側にとっては、外部委託の場合社内では得られない知識や考え方を得られる可能性があるなどのメリットがありますが、ここでは会社側の視点で社員教育を外部委託する場合のメリットやデメリット、その他検討すべき注意点といった情報をお伝えします。

社員教育を外部委託する場合のメリット

社員教育は、人材を成長させて定着させるために欠かせないものです。多くの企業では、人事や労務担当者が社員教育を担っています。ですが、担当者には、他にも勤怠管理や人材採用など多様な業務があります。社員…

Learn more

社員教育を外部委託する場合のデメリット

社員教育を外部委託する場合には、研修の企画や実施をする手間が省けるものの、経営陣やそれぞれの職場の管理職が従業員の成長ぶりを把握しにくいといった問題があります。特に、高度な知識や技術が求められる職…

Learn more

社員教育を外部委託する場合のポイント

社員教育を外部委託する場合には、様々なジャンルで活躍している経験が豊富な講師を見つけることが大切です。特に、ビジネスマナーやIT、語学などの実用性の高いジャンルの講師については、多くの企業から依頼…

Learn more